外壁塗装 費用 相場

外壁塗装 費用 相場|シミュレーション一括見積比較

外壁塗装 費用 相場

外壁塗装相場費用の見積もり比較と
外壁塗装 耐用年数など外壁塗装で損しない方法
外壁塗装・屋根塗装の優良業者紹介サービス【ヌリカエ】
外壁塗装外壁塗装相場費用の見積もり比較と外壁塗装 耐用年数など外壁塗装 時期
外壁塗装 色人気の色から色見本や屋根の色と外壁の色など
外壁塗装 費用 相場40坪 シミュレーション
家を購入し10年が過ぎた頃、考え出す人が多い外壁塗装。とは言っても、まだまだ、住宅ローンを抱えた中での大きな出費。
少し考えてしまう人も多いのではないでしょうか。
しかし、大切な家を守る為には、どうしても、行わなければいけない事と言え、避けて通る事はできません。
そんな、外壁塗装について、これを読んで少しでも理解して頂けたらと思います。

 

外壁塗装が必要な時期とは?

一般的に10年を目途に必要になると言われる外壁塗装ですが、
これはあくまでも目安です。

 

その為、一番大切なのは、
自分の家の状態を自分の目で確かめ判断する事です。

 

そんな判断基準としては、
まず、チョーキング現象というものがあります。

 

チョーキング現象の場合、
一般の人でも外壁に手で触れるだけでわかるもので、
手で外壁に触れた際、
手が真っ白になる現象を指します。

 

原因としては、
紫外線の影響で塗装面の中にある樹脂が分解したことや
立地条件や使用条件に合わない塗料で塗った場合に起こる施工不良、
塗料をしっかりと混ぜないで塗装した場合に起こる施工不
良などが考えられます。

 

しかし、そのようなチョーキング現象が確認できたからと言って、
焦る必要はありません。

 

チョーキング現象だけの場合、
さほど、緊急性があると言うほどではなく、
そろそろ外壁塗装を考える時期だと思い準備を始める程度で十分かと思います。

 

それよりも外壁にクラックが入っていないか?
また、コーキングが割れていないかなどが重要で、
そのような現象を確認する事ができた場合は、
早めに相談する事をお勧めします。

 

gaihekitosou1
・では、実際、どのように外壁塗装業者を選べば良いのか?
外壁塗装の場合、悪徳業者と呼ばれる業者も多い為、
外壁塗装業者選びは難しい現実があります。
実際、悪徳業者に依頼する事が無いようににするには、どうすれば良いでしょうか?
まずは、少しでも多くの外壁塗装業者から見積もりを取る事が大切です。
実際、ネットで調べると外壁塗装の相場を確認する事は可能です。
しかし、外壁塗装の場合、家の大きさ、外壁面積にによって費用が大きく異なるほか、
塗料の種類によっても大きく異なると言えます。

 

その為、ネットで調べた相場が実際、自分の家にどの程度、当てはまるかと言う事はわかりません。
そのような事から、相場を確認するためにも見積もりを取ると言う事は大切です。
その際、見積もりを確認する内容は、一式での価格ではなく、
細かな見積もり内容を確認する事が大切です。

 

例えば、塗装する広さの確認です。
基本的に住んでいる家の延べ床面積は知っていても、
実際の外壁面積まで知っている人は少ないですね。

 

そこに目を付け、悪徳業者の場合、
その外壁面積を広く記載してくるところがあります。

 

とは言っても、実際に自分で外壁面積を確認する事など難しいとは思います。
そこで数社から受け取った見積書を確認するのです。

 

外壁面積は、どの業者でも同じはずです。
それにもかかわらず、あからさまに面積を広く見積もっている場合は、
怪しい業者と思って良いかと思います。

 

その他、各塗料においても、相場があります。
塗料の相場は簡単にネットなどで確認する事ができ、
そこで確認した相場よりも高い見積書の場合は、注意が必要です。

 

この2点を確認する事で、
単純な施工金額を確認し、
比較する事が可能になります。

 

この他にも、パック料金という内容で外壁塗装を行っている業者もあります。
この場合、詳しい見積もりはなく、
外壁塗装フッ素パックで○○円!
などと言ったものになります。
基本的にお得な金額となっている事が多くなっていますが、
それでも、失敗しない為には、内容をよく確認した上で利用する事をお勧めします。
gaihekitosou4
外壁塗装を勧める訪問販売が来た場合
実際、外壁塗装を考えるにあたり
、訪問販売に人に勧められた人は少なくありません。
訪問販売の人に家の傷んでいる点を忠告される事で怖くなって契約してしまう事も多いです。
しかし、そのような訪問販売の口車に乗せられてはいけません。

 

その理由は、外壁塗装の苦情で最も多くなっているのが、
訪問販売による外壁塗装になっている為です。

 

もちろん、すべての業者が悪い業者ではありませんが
、訪問販売が来た場合は、
すぐに契約する事だけは避ける事が大切です。

 

中には、「今なら○○円値引きします!」と契約を急がせる業者もありますが、
それは非常に危険です。
また、モニター価格と言って大幅値下げがある場合や
30年以上も持つ塗料を利用していると言う場合なども注意が必要です。

 

とにかく、一度、冷静になり、
その業者について確認してから契約する事をお勧めします。

 

外壁塗装におすすめの時期はあるの?
外壁塗装を行うことを決めた後、
次に気になる人が多いのが外壁塗装にお勧めの時期はいつなのか?と言う点です。

 

どうしても、外での作業となる為、
できれば、良い時期に行いたいと思います。

 

外壁塗装を行う際の注意は、
気温5度以下、
湿度85%以上は
塗料の乾燥が遅くなるためお勧めできない時期です。

 

言い換えれば、これにあたらない時期なら、いつでもお勧めだと言えるのです。
その中でも、やはり、梅雨時期は雨が多く乾きが悪い。
また、真夏は、気温が高く早く乾燥してしまい見た目が悪くなる場合がある
などを考える事ができ、
それらを考えた場合、
春や秋ごろがお勧めだと言われています。

 

とは言っても、いつ雨が降るかなどわかりません。
そのような事を考える、いつが良いかと言う事は判断しにくいと思います。

 

その為、自分にあった時期を選ぶ事も大切です。
例えば、厚い季節に外壁塗装を行うと窓を開ける事ができず、
家の中で暑い思いをしなければいけません

 

。また、台風などの時期は、工期が伸びてしまう事もあり、
苦痛に感じる事も少なくありません。

 

そのような事を考えた上で時期を選んでいくと良いかと思います。
gaihekitosou9.jpg
・外壁塗装には、どのような工程があるの?

 

外壁塗装を行う場合、
塗装を行えば終わりと思っている人もいるかも知れませんが、
外壁塗装には、いくつかの工程が必要になります。

 

まず初めに足場の設置が始まり、
その後、外壁・屋根の高圧洗浄を開始します。

 

そして、きれいになった外壁に塗り前の下準備・養生を行い、
ひび割れ剥がれふくれなどの処理などをはじめ下処理を行っていきます。

 

その後、初めての外壁の下塗りです。

 

その後、外壁の中塗り
外壁の上塗りを行い、終了となります。

 

屋根場合も屋根サビ止め塗装を行い、
屋根の下塗り屋根の中塗り屋根の仕上げ塗りと進めていき完了となります。

 

そうしてすべての工程が完了するまで、
乾燥時間も入れ、一般的な場合、2週間ほどと言われています。
その際、初めに業者の方からご近所さんに挨拶周りをしてもらうようにしてください。
車の出入りでの迷惑はもちろん、
場合によっては臭いが気になると言う場合もある為、
必ず挨拶してもらうことが大切です。

 

・まとめ
いかがでしょうか。
少しは、外壁塗装について知る事ができたでしょうか。
決して安い費用で行う事ができない外壁塗装。
その為、失敗しない為にも、
自分なりに外壁塗装について勉強した上で、
業者選びから施工内容まで確認していく事をお勧めします。

 

悪質業者を見分けるポイント4つ

外壁塗装をする時に悪質業者を見分ける4つのポイント

 

築年数が10年を経過してくると外壁や屋根にチョーキングやひび割れの症状が出てきてしまいます。
放置してしまうと雨漏りが酷くなって老朽化が進行してしまいます。

 

また地震など大きな災害の影響を受けた時に建物が倒壊してしまうリスクも高くなります。
それで築年数が10年を経過したら外壁塗装をする必要が出てきますが、
悪質業者に依頼してしまうと塗装後に問題が発生してしまう事があるので注意しなければいけません。
そこで外壁塗装をする時に悪質業者をどのように見分けていけばいいのか見ていく事にしましょう。

 

自社だけの塗料と勧めてくる

 

外壁塗装をする時に使用する塗料の種類はいろいろあるので塗装前に選ばなければいけません。
初めて外壁塗装をする時はそれほど知識があるというわけではないのでどの塗料にしていいのか分からない事も多いです。
そんな時に自社だけの塗料と勧めてくる業者が少なからずあります。

 

自社だけの塗料という言葉を使って特別な塗料というイメージを植え付けようとしていますが、
実際は自社だけの塗料などないので騙されてはいけません。

 

このように自社だけの塗料と勧めてくる場合は悪質業者なので絶対に依頼しないようにしましょう。

 

大幅な値引きを宣伝してくる

 

外壁塗装業者も顧客を集めるために競争が激しくなってしまう事もあります。
それで外壁塗装の相場価格より少し値引きして営業している業者も増えてきていますが、
中には大幅な値引きを宣伝している業者も少なからずあります。

 

外壁塗装をする時は100万円以上かかってしまう事も多いので
大幅な値引きをしてもらえると依頼者にとっては大きなメリットになります。

 

しかし外壁塗装をする時に大幅な値引きをしてしまうと
業者が赤字になってしまうので基本的には不可能です。

 

大幅な値引きを宣伝してくる時は
最初に相場価格より高い金額を提示して
その値段から値引きするという方法を使う事が多いです。

 

また手抜き工事をしてコスト削減しているという事もあるので
悪質業者と判断して絶対に依頼しないようにしましょう。

 

不安を煽ってくる

外壁塗装の訪問営業が訪ねてくる事もよくありますが、
早く工事をしないと倒壊する恐れがあるなど不安を煽ってくる業者が少なからずあります。

 

あまり知識のない人だと早く対策しなければいけないと思って
そのまま外壁塗装の工事を依頼してしまう事も多いです。

 

しかし外壁や屋根は劣化してくるのは確かですが、
緊急性はないのですぐに工事をしなければいけないという事はありません。

 

このような場合は早く契約をしてもらおうと考えていて
しかも手抜き工事で終わらせてしまう事が多いので
悪質業者と判断して絶対に依頼しないようにしましょう。

 

ホームページに住所が表記されていない

 

外壁塗装業者はホームページで外壁塗装の工事についていろいろな情報を掲載しています。

 

それで外壁塗装の工事の情報を確認してからどのような業者なのかもしっかり確認するでしょう。

 

基本的には住所、電話番号、代表者名などが表記されていますが、
中にはフリーダイヤルか携帯電話の番号しか表記されていない事もあります。

 

このような業者は工事中にトラブルが発生すると逃げる事が多いので
悪質業者と判断する事が出来ます。

 

ホームページに住所が表記されていない業者には絶対依頼しないようにしましょう。

 

外壁塗装をする時に悪質業者を見分けるにはこのような点がポイントになってきます。

 

一つでも該当していたら悪質業者だと判断して依頼する業者の選択肢からすぐに外しましょう。
また外壁塗装する時は複数の業者を比較して選ぶ事も大切になってきます。
複数の業者を比較すると問題がありそうな部分も見えてくるので悪質業者を見分けやすくなります。
最低で3社以上の業者を比較して選ぶようにしましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

nurikae578800
page top