外壁塗装需要年数

外壁塗装は必ず一括査定サイトを使うこと!


外壁塗装は必ず一括査定サイトを使うこと!

見積もり比較で安く発注でき

最大40%値引きになることも多々もあります。

外壁塗装比較を使うことで、

大手見積もり比較で数社が

あなたの壁や屋根の塗り替え費用を

競ってくれるので

結果的に安くなるのです

kurikku1

外壁塗装需要年数

外壁塗装の耐用年数は、どの程度?
外壁塗装の耐用年数は一般的に10年と言われています。
しかし、これはあくまでも一般的な耐用年数です。
その為、様々条件において、その耐用年数と言うものは異なってくると言われています。

 

 

条件によって変わってくる外壁塗装の耐用年数

どこの家の同じ条件で建っていると言う事はありません。
例えば、立地条件において、
家が海沿いに建っている場合は
、どうしても海風の影響で外壁塗装の耐用年数が短いと言われています。

 

その他、どの程度、雨風があたるのか?
日当たりはどうなのか?
などによっても、耐用年数が異なると言われています。

 

その上で、業者の腕によっても大きく異なってくると言われている外壁塗装の耐用年数。
下地処理を怠るような業者や
塗料の量を少なくするような業者の場合、
どうしても、耐用年数が短くなってしまいます。

 

立地条件などの環境における耐用年数の違いにおいては、
納得しなければいけないかと思いますが、
業者によりいわば、
手抜き工事と呼ばれる場合での耐用年数の変化においては、
絶対に避けなければいけません。

 

 

新築住宅でも、15年も経過すれば外壁に汚れが目立つと共に、
細かいヒビが入り、塗膜も非常に劣化して雨水をはじく機能が弱っているものです。

 

こうした状態で、外壁を放置しているとヒビから雨水が浸透し、
柱や梁と言った住宅の躯体を構成する木材を腐食させ、
住宅の寿命を短命化させる恐れが生じます。

 

外壁塗装が外観を綺麗にする以上に、
住宅の寿命を長くするために重要なリフォームであり、
適切なタイミングで塗り替えを行う事が必要と言えるのです。

 

外壁塗装の塗り替えタイミングは、
塗られている塗料の種類によっても異なりますが、
外壁の状態から見た場合には、
以下の様な状態になっていれば早期に塗りける必要があると言えます。

 

外壁に入ったヒビの口に薄い紙1枚が入るほど開いていれば、
そこから雨水が浸透して躯体を腐食させる恐れがあると言われており、
こうした状態が見受けられれば早期に外壁塗装を行う必要性があります。

 

細かいヒビは入っているものの、
先に記載したほど大きなヒビで無くても、
外壁の表面を指でなぞり、
白い粉が指につくようなら塗膜表面が劣化してしる証拠で、
そろそろ塗り替え時と言えます。

 

こうした外壁塗装の重要性を認識し、
信頼できる業者さんに相談し、
見積もりを取った上で施工してもらう事が大切です。

 

その際、事前の知識として、
塗料の種類によってその塗膜の寿命があり、
十分に業者さんと相談・検討して、
その塗料の種類を決める必要があります。

 

代表的な塗料の寿命は、
周囲環境等によっても異なりますが、
一般的には以下の程度とされています。

 

代表的な塗料の寿命としては、
アクリル系で4〜7年、ウレタン系で6〜10年、
シリコン系で8〜15年、
ラジカル系も8〜15年、
ピュアアクリル系で12〜15年、
フッ素系で15〜20年程度となっています。

 

 

 

外壁塗装の塗料の種類によっても耐用年数に違いが出います!

外壁塗料に使われる塗料の種類としては、
4つの種類があります。

1.アクリル塗料。

耐用年数は、3から5年程度と言われ、
短い耐用年数となっています。

 

その為、比較的、低価格で外壁塗装を行う事が
可能となっている点がメリットとなっており、
透明で強度が高く、
軽量といった事がメリットとなります。

 

その他、アクリル塗料の場合、
色をくっきり見せる事ができるとも言われ、
そう言った外壁を好む場合には、
おすすめの塗料となります。

 

ただし、耐用年数が短い事がデメリットとなり、
頻繁に塗り替えが必要となります。

2.ウレタン塗料

耐用年数は5年から7年。
費用や耐用年数から考えるとバランスが良い塗料と言われています。
光沢が長く続く点もメリットとなっているウレタン塗料ですが、
耐久性や、防水性に劣る点がデメリットだと言われています。

3.シリコン塗料

耐用年数は7年から10年。
今、外壁塗装の中では主流の塗料となっており、
汚れを防ぐ塗料では1番と言われています。
ただし、ひび割れを起こしやすいと言われており、
その点においては、デメリットかと思われます。
それでも、コストパフォーマンスの高さより、
外壁塗装の塗料に迷った際は、
シリコン塗料と言われているほどの塗料になっています。

4.フッ素塗料

耐用年数は10年から15年。
耐用年数においては、
どの塗料よりも長いと言えるフッ素塗料。
その分、費用も高くなっています。
塗膜の寿命が非常に長く、
変形、変色、劣化が起こりにくいと言われています。
その他、耐久性も優れており、
綺麗さを継続する事ができる塗料となります。
ただし、費用が高いと言う事がデメリットになり、
また、ひび割れを起こしやすいとも言われています。

 

このように4つの塗料の中から選び行う外壁塗装。
その為、
費用対効果を考え、
また、どの程度の費用で外壁塗装を行うのか?
その程度の周期で外壁塗装を行うのか?
などを十分に考えた上で、
塗料の選択を行う必要があります。

 

gaihekitosou7

外壁塗装需要年数記事一覧

家の外壁塗装をやる時に気をつけないといけないと思ったこと家を所有していると絶対に避けられない事のひとつに外壁塗装を定期的にしないといけないというのがあります。家の外壁塗装をしようと思った時は気を付けないといけない事があります。それは安易に外壁塗装をしてくれる業者を選ばない方が良いというのがあります。なぜなら安易に家の外壁塗装をしてくれる業者を選んでしまうと思った以上に高額な見積もり結果になってもそ...

外壁塗装は必ず一括査定サイトを使うこと!

外壁塗装は必ず一括査定サイトを使うこと! 見積もり比較で安く発注でき 最大40%値引きになることも多々もあります。 外壁塗装比較を使うことで、 大手見積もり比較で数社が あなたの壁や屋根の塗り替え費用を 競ってくれるので 結果的に安くなるのです o27
page top