外壁塗装 メリット

外壁塗装 メリット

外壁塗装のメリットとは?
アパート経営などをしている人の場合
、新しくアパートを建てたりすると、
そのアパートも年月が経過したりすると家の外側の壁なども傷んでくるようになります。

 

そうなると、コーキング現象が起こったり、
壁にヒビが入った状態になったりして、
家の耐久性が低くなってしまいます。

 

壁にヒビが入ってしまうと外観的にもよくないといえますし危険です。
安全性点でも課題が大きくなっていきますので、
修築工事なども必要になってしまうなど
そのぶん費用なども余計にかかってしまうことになってしまいます。

 

そうなる前に外壁を塗装してもらうことで、
将来、亀裂が入りそうなところをきれいな状態にしておくことができます。

 

壁のひび割れなどを予防することができ、
将来かかる修築コストなどをなくしたり軽くしたりすることができて、
アパート経営をすることができます。

 

外壁塗装と耐用年数

外壁塗装をする時には、
耐用年数といわれる数があります。

 

耐用年数のは償却性の資産について予測されている使用可能年数のことです。

 

外壁塗装の耐用年数は塗料のもつ耐用年数をいい、
塗料の耐用年数はメーカーが提供する塗料を外壁に塗った時、
塗装後から何年くらいの間、耐久性を保つことができるのかことを示しています。

 

外壁塗装を考える時に、
その塗装工事がどれくらい耐用年数があるか知っておくことはとても大切です。

 

耐用年数は使う塗料によって大きく異なり、
短いものだと5年、
長いものだと20年まであります。

 

一般的に外壁塗装の耐用年数は約10年ですが、
10年は1つの目安でありケースごと長い場合や短い場合もあります。
耐久年数は家の状態をよくみてから外壁塗装の検討を考えるべきです。

 

外壁塗装に用いられる塗料と耐久年数

外壁塗装に用いられる塗料にはアクリル系塗料やウレタン系塗料、
シリコン系塗料やフッ素塗料があります。

 

最近では遮熱系塗料や光触媒系の塗料など次世代塗料なども注目されています。

 

外壁塗装に用いられる塗料は様々な種類があります。

 

塗料にはグレードがありフッ素系塗料はアクリル系塗料などに比べるとグレードが高いのです。

 

グレードの高い塗料は価格も高く、理由は耐久性が期待できるとされていますが、
高い塗料が外壁に使われている材質と合っていないと効果を発揮できない可能性もあります。

 

そのため、家に合う塗料を選ぶことが大切です。

 

塗料の種類と耐久年数の目安はどれくらい?

 

アクリル塗料の場合には耐久年数は5、6年で、
価格は安価で、
耐久年数は他の塗料に比べると短い傾向があります。

 

しかし、中には耐久年数15〜20年の特殊なアクリル塗料もあります。

 

ウレタン塗料はポリウレタン樹脂性塗料で、7〜10年の耐久年数といわれ、
価格は安めですが汚れや色褪せに強く密着性も高い塗料です。

 

シリコン塗料は10〜13年くらいの耐久年数があり現在主流として用いられている塗料で、
汚れや色落ちなどに強く、耐久性や防カビ性、防藻性などで機能が高いのです。

 

フッ素塗料は15〜20年で、
価格が高いのですが耐久年数が長く、ビルや橋梁にも用いられていることが多く、
塗り替えの期間を長くしたい時に使われます。

 

基本的には塗料の価格が高いとそれだけ耐久性がある傾向は確かにあります。

 

外壁塗装の場合の減価償却と確定申告

減価償却は高額で長期間利用ができるものを数年の間少しずつ経費にすることですね。

 

アパート経営などの場合には建物や建物附属設備などは
時間が経つと価値が減っていくので減価償却考え方が用いられています。

 

耐用年数とは物や構造、機械などが利用に耐えられる年数のことです。

 

アパートやマンション経営などをしていて、
建物の耐久性を高めたり、
デデザイン性をもたせるなどの目的で行った外壁塗装の費用が
減価償却として認められているのです。

 

そのため、外壁塗装費は確定申告で計上ができます。

 

外壁塗装で100万円の修繕費用がかかったとすると、
耐用年数が10年なら、塗装にかかった費用の100万円を減価償却費として毎年10万円ずつ償却します。

 

アパートやマンション経営の外壁塗装費用の減価償却は建物の耐用年数によって行われます。

 

残期間が20年か30年かなどについてもいろいろと知ると参考にはなります。
建物には寿命があるでメンテナンスは不可欠です。

 

維持費用として外壁塗装をどのような周期で行うか?なども含め、
費用対効果の高い塗料を利用どしながらメンテナンスをしていくことが大切といえます。

 

塗料の耐用年数はケースバイケース

メーカーの塗料は目安で、
耐用年数は塗料が外壁を保護してくれる目安の期間をいい、
期待耐用年数も同じような意味あいで使われています。

 

フッ素塗料メーカーの期待耐用年数が20年だと、それぐらいの耐用年数なのです。

 

しかし、20年もつフッ素塗料が誰が塗っても20年もつ訳でもなく、
現在の下地の状態や、下処理、3回塗り、下塗り、中塗り、上塗りなども手順通りなのか?

 

塗料の薄め比率や乾燥時間や熟練した職人によって作業が行われたのか?
など様々な要因によって耐用年数は変わるといえます。

 

また、外壁がモルタル壁ならクラックに強い弾性塗料の方が相性がいいのですが、
カビが発生しやすい立地にあればカビなどには特に気をつける必要があり
各コンディションに応じた日常的な維持管理も影響します。

 

外壁塗装は塗膜で外壁材を保護する塗装で、
外壁とシーリング材の隙間ができる剥離、コーキング劣化、肉痩せやひび割れなどの症状が出ている場合は
早めに外壁塗装を行う方がいいといえます。
その際は訪問販売などの悪徳業者には注意して業者選びをしましょう。

 

外壁塗装ポイント

アパートやマンション経営などをしている人の場合、
新しいアパートやマンションも年月の経過にともなって外壁も傷んでくるようになります。

 

そうなると、コ―キング現象が起こったり、
壁割れなどで耐久性が低くなってしまいます。

 

そうなる前に外壁を塗装してもらうことで、
将来発生するコストを抑えたり、
より安全に建物を維持することができます。

 

塗料にもいろんな種類のものがあって、
グレードが高いものとそうではないものがあります。

 

耐久性も高グレードの方が高いですが、
外壁塗装では様々な要素で
塗料の耐用年数は、メーカーの定める期待耐用年数だけでは決まらないこともあります。

 

建物に合ったものであることが重要なポイントです。
外壁塗装はより信頼できる業者に依頼することが大切で、

 

耐用年数は絶対的なものではない考え方も知っておくべきでしょう!

 

page top