窯業系外壁

窯業系外壁サイディングの再塗装

窯業系サイディングはモルタルにくらべて防水性能は高いが、
きちんとしたメンテナンスも必要です。

 

環境にもよりますが
大体10年くらいでコーキングの打ち替えと
再塗装を行った方が良いでしょう!

 

コーキングは劣化すると雨漏りの原因となります。

 

新築の場合はすでに塗装してあるサイディングを貼った後にコーキングします。

 

コーキングを打ち替えた後に再塗装すればコーキングの劣化を防ぐことができます。

 

逆に再塗装だけしてもコーキングが劣化したままなら意味はありません。

 

特に南向きで日当たりが良い面は劣化が早くなるのでメンテナンスを気にするべきです。

 

塗装はただ色を塗り替えるというものではなく、

 

外壁の劣化を防ぎより住宅の寿命を延ばすことと考えるべきです。

 

塗装の種類も様々ありますが

 

特にオススメなのはフッ素樹脂塗装 ルミフロンです。

 

他のアクリルシリコン塗装やアクリルウレタン塗装に比べて

 

耐久力があり、20年くらいは持ちます。

 

値段は高くなりますが
再塗装する回数が少なくなることを考えればリーズナブルとも言えます。

 

よく訪問販売のように業者が各家庭に売り込みを掛けていたりしますが、

 

すべてではありませんがそういった業者はあまり信用できません。

 

特に「角の家なので宣伝のため安くします」や

 

「近くの家で工事しているので安くします」

 

ということを言う業者は疑った方がいいでしょう!

 

即決はせず何社から相見積もりをとって十分検討するべきでしょうね・・・。

 

また塗装専業の業者だとコーキングの打ち替えや

 

サイディング本体の劣化の見極めなどはできないので、

 

見た目だけは綺麗になっても

 

肝心の雨漏りの予防はできていないこともあるので要注意です。

 

サイディングは通気工法で2重防水の場合は

 

外壁の劣化がひどくて雨漏りをしていても

 

部屋の中まで雨漏りすることはまれです。

 

しかし壁の中では水がたまり構造材や土台材が濡れて腐っている可能性もあるので、

 

塗装だけでなく総合的に家の診断ができる工務店等に依頼する方がいいと思います。

page top