外壁塗装 業者

外壁塗装のタイミングと信頼できる業者さん探し

外壁塗装は、塗料の種類により、耐用年数があり、耐用年数が近づいたタイミングでは塗り替えを行う事が必要です。

 

これは、単に外観が汚れて汚くなった状態を綺麗にする為のものではありません。

 

外壁は長年風雨にさらされ、
紫外線を浴び続ける事で塗膜が劣化し、
雨水をはじく機能が著しく悪化し、
また振動や内包する応力の為に、
細かいクラックが入ったりするものです。

 

これを放置しておくと、
雨水が住居の梁や柱と言った躯体を腐食させ、
住居の寿命を短くする恐れがあり、
これを防止するために外壁塗装を行う必要があるのです。

 

この塗膜の寿命は、
塗料の種類によって異なりますが、
最近最もよく使用されているシリコン系で12年程度が目安とされています。

 

クラックが薄い紙1枚が入る程度の口を開いていたり、
塗膜の表面を指でなぞって白い粉が着くようなら、
塗り替え時と言えます。

 

こうした判断材料から、
外壁塗装を行おうと考えた時、
信頼できる業者さんをどの様に探すべきかを迷う事が多いものです。

 

大手のリフォーム会社に依頼する手もありますが、
地元密着で評判の良い業者さんを選ぶと言うのも1つの方法でしょう。

 

電話で新規塗料のモニターとして格安で外壁塗装を行いますと勧誘したり、
戸別訪問で塗り替えを格安で行うとの触れ込みでPRする業者の誘いに安易に乗らない事も必要です。

 

すべてが悪質な業者ではありませんが、
自分で塗料の知識も少し学び、
じっくりとベターと思える業者さんを探す余裕がなくなる為
、こうした勧誘に即座に乗らない方が良いと言えるのです。

 

塗装工事の費用は
、塗料の種類に応じた塗料価格により大きく違ってくるのは当然で、
ネット等で調べた業者さんに相見積もりを取る場合にも、
塗料の種類条件を一定にしなければ意味がありません。

 

また塗装時の費用は安いに越した事はありませんが、
その施工が丁寧で上手である事も重要で、
こうした点は相見積もりを取っても中々分からないものです。

 

またアフターケアや保証の有無も重要な要素であり、
こうした事を総合して良い業者さんを見つけるには、
やはり地元の業者で評判の良い業者さんを選び、
その見積もり価格とネットで調べた標準的な費用を対比し、
その妥当性を検証した上でお願いすると言うのがお勧めの方法と言えます。

page top