外壁塗装 色

外壁塗装 色!外壁塗装の汚れが目立ちにくい色とは

一戸建てを建てたらいつかは外壁塗装をしなければいけないと思います。

 

最初はキレイだった外壁も時間がたつにつれて汚れが目立ってきたり、
黒くなってきたという経験は誰もがありますよね。

 

ですが、外壁の色も色を工夫すれば
汚れを目立ちにくくすることが出来るので
その方法を紹介したいと思います。

 

まずは、見せたくない汚れが見えにくいカラー色の代表ばグレー!

 

町並みを見ているとグレーの色を選んでいる家は多いと感じるのではないでしょうか。

 

グレーが汚れが目立ちにくい理由は、
目立つ汚れの色はクレー的中間色なのです。

 

砂利や土ホコリは薄い茶色、黄土色であり、カビの状態や苔が生えた色は緑を含んだ薄茶色になっています。

 

そのため、多くの汚れが目立ちにくいグレーを選ぶ事が多いです。

 

ですが、中にはグレーがイヤという人もいますよね。

 

グレーの他で汚れが比較的目立ちにくい色調は薄いブラウン色とかアイボリー系になります。

 

この色も良く見かけるのでとても人気の色です。

 

どんな家でも合う色なので、外壁の色として選ばれやすいようです。

 

また、これらの色は家そのものの雰囲気も重くならないので、とてもおすすめです。

 

では、反対に外壁の色が目立ちやすい色を紹介します。一番目立ちやすい色は白と黒です。

 

これは外壁だけに言えることではないですよね。

 

やはり、どんなものでも黒と白は汚れがめだってしまいます。

 

そして、赤系は色あせが起こりやすいので注意が必要です。
このように、外壁の汚れが目立ちにくい色を紹介しました。

 

これから外壁塗装をしたいと考えている人は参考になったのではないでしょうか。

 

一戸建てを建てた以上は必ずいつか外壁塗装をしなければいけないですよね。

 

外壁は一度塗ってしまったらしばらく色を変えることが出来ないので良く考えてから行うようにしましょう。

page top