外壁塗装 ヌリカエ 一括見積比較c純塔Tイト

屋根の色と外壁の色|屋根とのバランスは大切です

大切なマイホームが完成して年月がたってくると、
次に気になってくるのは、その烈火です。

 

太陽に晒され、
雨や風の中を耐える外壁は、
次第に汚れてきたり色が褪せてきたりしてしまいます。

 

数年に一度は家の耐久性を上げる為にも、
塗り直しは必要なのですが、
その時に気を付けなければいけないのが、
やはり屋根とのバランスです。

 

屋根の色を考えずに
外壁だけを塗り直した結果。

 

アンバランスな印象を持たれてしまったり、
景観が美しくなかったり、
結局もう一度やり直してもらう事になるのです。

 

そうならない為にも、
まずは屋根の色とのバランスを考えましょう。

 

屋根の色で多いのはグレーや紺、
それから黒という地味な色です。

 

なぜかというと、
これらの色だと汚れが目立たなかったり、
熱の反射率が高いので重宝しているという人も多いのです。

 

こういった地味な色の場合、
壁までが暗い色だと
ドンヨリとした空気になってしまいます。

 

せめて壁の色は明るい色彩をイメージした方が良いでしょう。

 

やはり圧倒的に人気があるのは無難なクリーム系の色です。

 

もともとどんな色にも合いますので、
迷った時にはこの色を選んでおくと良いでしょう。

 

ですが、
たまには冒険してみたい。

 

そういう風に思っている人も多いと思います。

 

そんな時には、
グレーと相性が良いピンク系はいかがでしょう。

 

暗く固いイメージも、
ピンクの柔らかな色で、
すぐにイメージが変わります。

 

次に紺の場合ですが、
紺は他の色との組み合わせがかなり難しい色なのです。

 

外壁を暗い色にしてしまうと、
全体が重たいイメージを与えてしまいますし、
白い壁だと屋根ばかりが強調して見えます。

 

この場合には、
同じ青系で、
薄めの色にすると、
かなりバランスは良くなります。

 

そして、
黒い屋根の場合は
かなり難しいと思います。

 

どの色を外壁に持ってきても、
やはり黒の方が目立つからです。

 

屋根が黒の場合は、
同じ黒かグレー系を選び、
あえて重厚なイメージにすると良いと思います。

 

屋根と外壁の色のバランスを取るのは、
家全体のイメージを損なわない為です。

 

せっかくオシャレなデザインでも、
屋根と外壁の色のバランスが悪いだけで、
全体のイメージも悪く見いてしまいます。

 

もし、
イメージが沸かないという場合は、
イラストに描いた家に色を塗って、
客観的に色の組み合わせを考える事が良いと思います。

 

思いがけない色の組み合わせが、
とても良く似合うという場合もありますので、
納得が行くまで考えてみましょう。

nurikae578800