外壁塗装見積もり

外壁塗装見積もり

外壁塗装見積もり
外壁塗装をする時には

・外壁塗装って何?

建てたばかりの家はいろんなところがピカピカで新しいですよね。

 

そんな新築で建てた家も年月が経過するとだんだんと劣化していきます。
外装もだんだんと劣化していって
、あるとき気づいたら壁にヒビが!
ことも起こったりするのです。

 

そんな外壁の劣化を少しでも起こさないようにするのが外壁塗装!
外装塗装を行っていくと、
外壁そのものを保護することができるメリットがあります。

 

同時に、
外観などの美観を高める効果もあり、
家を維持していくためにもとても重要な役割をもっているのです。

 

外壁を保護することで
耐久性や防水性が高められたりし、
家の機能維持点でもとても重要といえます。

 

他にも外壁塗装にはセルフクリーニング効果があったり、
断熱効果遮熱効果などがあります。

 

外壁塗装見積

外壁塗装を行ってもらう時には、
自分ではできませんので外壁塗装の業者に依頼します。

 

外壁塗装を行ってもらう場合、
業者に外壁塗装見積書を作成してもらって
価格や必要な塗装について知ることになります。

 

外壁塗装の見積もりを業者に依頼する場合には、
できるだけ安くしてもらえるように
数社を比較してから検討するのがおすすめです。

 

外壁塗装見積書を何社かに依頼して発行してもらいましょう。
gaihekitosou6

見積もり金額には幅がある

外壁塗装の見積書を数社に依頼すると、
同じ坪数の塗装であっても
業者によって見積金額に幅があるのです。

 

この幅はいろんな要素で生まれてくるといえ、
その点をよくふまえてから比較検討することが推奨されます。

 

見積書の金額の幅は、
塗装工事を考えている家の外壁の劣化具合塗装面積塗料のグレードなどによって変わってきます。

 

これらの3つの項目などよって見積もり金額は高くなったり安くなったりします。

 

外壁の劣化具合は外壁塗装の見積金額に大きな影響を与える要素といえ、
外壁劣化が激しい場合とそうでない場合には
必要とされる塗装の内容も異なり、
どのような具体的な塗装内容が必要か?
詳しく確認しておくことがポイントです。

 

外壁の劣化は変色だけの場合と、
塗装が粉状になっているチョーキング現象や
ヒビ割れなどが出現している場合、
それぞれの劣化症状が異なり見積もり金額が変わってくるのです。

 

外壁の変色だけなら、劣化の状態はそこまでひどくないですが、
ヒビ割れがある場合は、塗装前に外壁面を補修する作業なども必要と考えられています。

 

作業の有無によって、金額は異なります。
また、塗装面積によっても金額が違ってきます。

 

例えば、窓が多いなど、塗装部分の面積が少ない場合には安め低価格になりますが、
窓が少なく外壁面積が広い高め高額になります。

 

外壁塗装の見積もり金額は
同じ建坪や階数でも外壁面積が違うことなのです。

 

また、塗料のグレードによっても違います。
外壁塗り替えができる塗料は
アクリル系塗料、
ウレタン系塗料、
シリコン系の塗料や
フッ素系の塗料など
いろいろな種類の塗料があります。

 

それぞれのグレードで価格も違ってくるのです。
高質とされているフッ素系塗料の場合は見積金額は高くなりますが、
アクリル・ウレタン系塗料を選択すると見積もり金額は低めになるのです。

 

外壁塗装の見積もり例

外壁塗装の見積もり例は、
具体的にどのような塗装工事が必要で
どれくらいの金額が必要になるかが示されているので、
塗装工事についてイメージをもちやすいといえます。

 

外壁塗装の見積もり例として、
以下の条件で見積もり金額を出してみます。

 

例えば、
築10年以上で、
シリコン系塗料を用いて
サイディングボードの外壁を塗装する場合、
足場が140平方メートルくらいなら83000円位で、
高圧洗浄が120平方メートルくらいなら約49000円、
100平方メートルくらいの広さでシーリングを打ちかえると77000円、
下地補修をする場合に20000円、
同じ面積の下塗りしーラーで82000円、
シリコン系の塗料が約300000円、
廃棄物処理やごみ処理などに20000円、
養生が50000円等、
大体65万円くらいの費用が掛かるケースなどがあります。
gaihekitosou11

外壁塗装見積もりの仕方

外壁塗装見積もりの仕方はいろいろあり、
よくあるのが地元で外壁塗装工事を依頼できる塗装業者を探すことになります。

 

その方法は口コミなどを参考にしたりして
見積もりを依頼する流れなどが多いといえます。

 

口コミは、近くに住んでいる親戚や友人、
懇意な知人などから聞いたりすると安心で、
優良な業者かどうかの評判を聞いてから選ぶケースは多いといえます。

 

そのほかにも、インターネットなどを利用して一括見積などを摂ってみる方法もあります。
時間的にも比較的短時間で業者を選ぶことが可能になるといえます。

 

または、これらの方法などを併用する場合もあり、
いろんな方法で見積もりを取っていくといえます。

 

インターネットの見積もりを利用すると、
外壁塗装シュミレーションなどを知ることもでき、
具体的なシュミレーションを通して見積もりをすることができるので便利です。

 

外壁塗装費用や外壁塗装相場もよく知っておくようにしましょう。
外壁塗装の見積もり金額については、
30坪くらいの建物だと60〜120万円くらいといわれてます。

 

この相場は、住んでいる場所などによって異なってきますが、利用の目安になるといえます。
外壁塗装の相場40坪くらいの場合、
塗装面積が約160平方メートルで、
シリコン系の塗料でサイディングボードに塗装する場合、90万円くらいが相場です!
具体的な金額は様々な要因によって変わるといえます。

 

外壁塗装一括見積と外壁塗装の時期

外壁塗装工事を考えている場合には、
外壁塗装一括見積を利用すると大体のところを早く知ることができて便利です。

 

外壁塗装の時期はどれくらいがいいのか点については、
外壁劣化が目立ってくる時期といえ、
外壁の色が変割ってきた時期や
塗装が粉状になるなどのチョーキング現象や
コーキングにヒビ割れなどが出現していると分かった時期な度といえます。
気になる症状があることに気が付いた時が塗装のタイミングといわれています。

 

外壁塗装には耐用年数があり、
その年数を超えた時期のが目安ともいえます。
その頃になってくると、
見た感じでも外壁の劣化に気づく場合も多くなります。

 

外壁塗装にはウレタン系やオンテックス系、シリコン系や
セラミック系、アルミ塗装や光触媒、フッ素系などの塗装剤があって、
壁もモルタルやサイディングボードなどの種類があり、
壁の種類に合うものを選ぶことがポイントといえます。

 

一戸建てで平屋なのか3階建てなのかなどは塗装面積にも関わってきます。
洗浄のし方や養生、
下地処理や下塗り・中塗り・上塗りなどの外壁塗装の方法な度にも影響します。

 

養生の相場など考えながら、
リフォームと組み合わせるなどして
外壁塗装を行うこともあります。

 

その相場などもよく調べてから依頼をしましょう。

 

 

page top