外壁塗装 見積もり比較

外壁塗装の見積もりは比較することが大切です

家を建ててから12年ほど経ち、
壁を触ると白っぽい粉がつくようになりチョーキング現象が出るようになりました。

 

外壁塗装をする時期だなと感じていたので、
インターネットで県内の外壁塗装の業者から見積もり請求をすることにしました。

 

複数者から取り寄せたところ、
実際に業者の方がきて屋根や壁のチェックなど行い、
いくつか見積もりを出してもらうことになりました。

 

屋根もだいぶ劣化が進んでおり
、屋根にコケの胞子がだいぶついているようで、
壁もチョーキング現象が起き
日陰部分と日が当たる部分とは大きく違いも出ているようなので、
早めに外壁塗装を行った方がよいとアドバイスがありました。

 

料金に関しても
外壁塗装の相場価格も全く分からなかったので
幾つか見積もりを出してから比較することにしました。

 

足場・高圧洗浄機・飛散防止ネット・シーリング・下地補修・下塗りなど
基礎的部分もしっかり行ったあと、
塗料によって料金も違うので業者の方から色々と情報収集することにしました。

 

業者によって使用する塗料も違いがあり、
また料金なども大きく違うので比較することはとても大切です。

 

下塗りする回数も2回行いたいので、
それについてもジックリ相談してみると

 

一つ目の業者は、
日が当たる部分を2度塗りした方がよいと言われましたが、

 

他の業者は
全体的に2度塗りした方がよいと言うところもあり、
色々と比較することで業者のタイプなどもよく分かるようになりました。

 

 

外壁塗装の塗料は、
フッソ樹脂・シリコン樹脂・ウレタン樹脂・アクリル樹脂・ガイナなど
様々な塗料について話しを聞いたことで、
実際に使用するものを吟味することができ
なかなか良かったです。

 

紫外線によって壁や屋根など劣化が進むようですし、
それをカバーすることができるガイナを使用した塗装をすることにしました。

 

屋根の杭打ち部分を貼り直してもらったり、
劣化している部分はしっかりと補修してもらうなど
業者の方を信頼して作業を依頼することになるため、
安心できる業者選びが重要になります。

 

塗料を選んだら壁や屋根の色を選び、
イメージも分かりやすく比較することができるので
家族で話し合ってカラーを選ぶことができました。

 

塗装の見積もりで追加料金もなく、
サービスも充実しているので作業の内容は
外壁塗装業者の公式サイトに随時アップされるので、
家に居なくても作業内容がその都度確認できるのは良心的です。

 

足場の費用や飛散防止ネットは
サービスにて料金もかなり抑えた価格になっていたので、
業者を決めました。

 

外壁塗装開始時期は、
天候が良い時でないとスムーズに作業が進まないので
梅雨に入る前に作業を行うことにしました。

 

けっこう人気の業者だったので、
順番待ちにて作業が開始されるようになりました。

 

高圧洗浄機した後に数日間乾かした後に下塗りを2回行い、
その後はガイナの塗料で壁と屋根を塗装しました。

 

壁はクリーム色・屋根はオレンジ色にしたことで可愛らしい家に完成することができ、
子供も大喜びしています。

 

塗装をしたことで日が当たると一層明るく見えるので輝いて見えます。

 

完成まで3週間ほど作業が行われ、
予算は140万円ほど費用はかかりました。

 

見積もりの仕方もネットである程度、
情報収集してから費用などシュミレーションすることもでき
安心して比較することができました。

 

また、信頼できる業者の方も分かったので
手続きから作業開始までスムーズにできたのは充実しています。

 

外壁塗装後も定期的に業者の方がチェックしてくれるようですし、
その後のフォローもしっかりしているので
安心して任せることができる業者との出会いは大切だったなと実感できるようになりました。

 

営業もしつこいところは避け、
良心的なところを選びました。

page top