飲料水(特に水道水)を中心について

よく水道水は不味いといはれたり、水道水は飲んではいけないとかという題名の本が出版されたりしているが、私の住んでいるところはそんなこともなく、水質はよく美味い水道水の全国でも10位いないには、入っている。

 

確かに大都会の水道水は不味くて飲む気がしないものもあったようdが。現在は水の浄化の技術もよくなって、水が不味いいはれていた大都会の水道水もよくなったとようだ。

 

よくテレビの映像でペットボトルの水を使って調理をしている場面がながされいるが、これなども非常に無駄な気がする。

 

現在の日本国内での水道水の水質はそんなに悪いことはないし、ペットボトルの水の水質が良いもととは限らない。

 

また水道水は安心できないので、井戸水がいいのだと言う人もいるようだが、水源地が荒らされたり、有毒物質を水源地近くに流されてていては、水道も井戸も飲み水には適さないのだ。

 

またペットボトルの水も水源地が荒らされたりすると、同じことがいえる。

 

 安心して水が飲めるようにするには、水源地の保全が必要なのであり、またそのことに水を使っている人の努めであろう。

 

あるところでは、水源地の保全するために料金をその分上乗せしているようだ。

 

 水はタダだはない。それなりに金と手間がかかるものである。

 

また水資源は限りがあるものなので、上手く使っていかなけらばならないであろう。(使用後の水の処理も含めて)

 

水!水道水や浄水器・地下水・川の水から湧き水までウォーターサーバーランキング記事一覧

先日、ツイッターをしていたら、こんなつぶやきが流れてきました。「水道水が飲めるのは、世界中で13カ国だけ」アジアでは、日本とUAE(アラブ首長国連邦)のみで、ヨーロッパが7カ国と、アフリカが3カ国、オセアニアが1カ国となるようです。これだけ、世界各地の都市が発達し、高層ビルが林立する町が増えてきているというのに、水道水が安全でないなんて、かなりの驚きでした。ですが、落ち着いて考えてみると、確かに、...

我が家では浄水器を使っています。娘がアトピーなのですが、アレルギーの検査で反応が何も出ず、生活の中にいろいろと原因を探すうちに、飲料用の浄水器をつけ、お風呂用の浄水器をつけ、我が家には贅沢にも2つも浄水器があります。浄水器をつけてからは麦茶は水出しにしています。浄水器のフィルター代も結構なものですが夏場何度も湯を沸かさなくてもよいので、手間が省けますしガス代も、保冷のための冷蔵庫の電気代も浮きます...

私の家では、主に水道水はトイレ、お風呂だけしか使っていません。どうしてかというと家の敷地内に昔、地下水を汲み上げる井戸があって今もその井戸は2つあって実は2つともモーターをつけて汲み上げれば飲めることができます。地下水は夏は冷たく、冬は温かいのが特徴です。私は飲んでいますが、他の人にはお勧めできません。地下水はある意味、菌がいっぱいあってその菌が入ると人体に影響があると言われています。本当だったら...

水と言えば川。揖斐川町に住んでいると川とは切っても切れない関係になってきます。穏やかな日の揖斐川の水はとても澄んでいて綺麗です。大雨が降ると水は濁ります。水の量も物凄く増えて橋を渡るときはちょっと怖いと感じることもあります。雨で水かさが増えるときや、ダムの水を放流するときはサイレンが鳴ります。大人になってから嫁いでここに住むようになった私にとってはサイレンがなっても「なんの音だろう?」と不思議なも...

水の都大垣市とその周辺の湧水生まれた岐阜県大垣市は水の都と呼ばれています。大垣市を含めその周辺にいくつも湧水があって、地域の人は汲みに行っては飲み水として活用しています。私の母は飲み水にこだわりがあって、一度にものすごくたくさんの量の水を汲んできます。この前まで汲みに行っていたのは大垣市加賀野にある加賀野八幡神社の井戸水です。ここの水は岐阜県の名水に指定され、大垣市の水都20選にも選ばれています。...