都市と周辺の湧水

水の都大垣市とその周辺の湧水
生まれた岐阜県大垣市は水の都と呼ばれています。
大垣市を含めその周辺にいくつも湧水があって、
地域の人は汲みに行っては飲み水として活用しています。
私の母は飲み水にこだわりがあって、一度にものすごくたくさんの量の
水を汲んできます。
この前まで汲みに行っていたのは大垣市加賀野にある加賀野八幡神社の井戸水です。
ここの水は岐阜県の名水に指定され、大垣市の水都20選にも選ばれています。
私も水汲みについて行ったことがあるのですが、
近くに小さな公園があり、そこのシーソーがなんだか変わっていて楽しいです。
我が家の子供達も喜んで遊んでいました。
近くにイオンタウンもあり、遊びに来たついでにちょっと寄るのであれば
水汲みもそれほど面倒ではないかと思います。
ただ、いつも水汲みに来た人たちが並んでいるので
待つのもちょっと大変で駐車場も路駐になってしまいます。
そのためなのか、最近、母は同じ大垣市の西外側町にある八幡神社の水を

汲みに行っています。
ここは毎年5月の中旬にある大垣祭りの時と初詣のときぐらいしか
私は行かないので、混んでいて周りに路駐されているところしか見たことが
ないのですが、実はちゃんと駐車場があり、うまく空きがあると
車をとめられます。
他にもいろいろな湧水があり、見つけると飲んでみますが、
山のほうに近いと硬いように感じます。
大垣の水は山のほうから流れてだいぶまろやかになった
味がする感じがします。

 

ウォーターサーバーランキングで一番感じたのが水の味の違い

水の味って、あったんだ
生まれてからこの方、関東圏から動いたことがなかった自分が
初めて外で暮らしたのが大阪でした。
一年弱居たでしょうか、一番感じたのが水の味の違いでした。
東京の水のほうが美味しいと感じたんです。
大阪の水はなんというか臭みが残っているというか、
鉄くさいというか。カルキ分が東京よりも強いように感じました。
結局、大阪ではミネラルウォーターを買って生活していました。

 

逆に美味しい水は岐阜でした。
結婚して岐阜の義両親の家へ行った際、蛇口から出る水が本当に美味しくて、
一息に二杯飲んだのを覚えています。
名水百選に選ばれた川から取れた水は処理を最低限でも美味しくできるようです。
水が美味しいと米も食べ物も美味しくできるのだ、とここで本当の意味でわかったと思います。

 

足柄サービスエリアの上り側にある「足柄の水」も美味しいと思う水ですね。
湧き水なので無料ですので、静岡方面からの帰りはいつも立ち寄り、たっぷりと容器に詰めて帰っています。もちろん、ペットボトルに詰めて帰りの車内でもたっぷり飲んでいます。

 

齢をとってから、水などの味が分かるようになってきました。
同時に、水の大切さも分かったように思います。
これからは水を美味しくする努力もしていきたいと思っています。